<< NewMarkビンディング、取り扱いあるみたいです。 | main | ISW12HTでS-OFF(Android2.3)で失敗→成功 >>

スポンサーサイト

  • 2016.01.25 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


3テン買いました 続き

ずいぶん間が空いてしまいましたが、モンベルのステラリッジ3/2013モデルです。ようやく実際に使うことも出来たので色々感想を書いてみたいと思います。

<すこぶる軽い>
3テンとは思えない軽さです。ペグとか入れても2kg前半です。単独行でも使えてしまう軽さです。こういうテントが増えたら「 単独行でも2テン〜3テンで広々幕営山行」なんてのが流行りだして狭いテン場がより狭くなったりしそうで怖いです。

ただ、軽量化と引き換えに利便性が損なわれているように見えるところがいくつかありました。この辺は使う側で割り切れるかどうかということになると思います。山岳用という明確な意図があり、十分に軽いのだからこの辺は工夫と我慢でよろしく、ということになるんだと思います。

まず、テントポールを通すスリーブが明らかに細めに設計されていまして(幕体に施されている防水コーティング?のためか)妙なくっつき感がありポールを通すときに引っかかりやすいです。たぶん使っているうちにいい感じにコーティングが劣化して気にならなくなるんじゃないかと思いますが。

あとはフライシートをテントポールに通すリングがただの本当に輪っかで取っ手が付いておらず新品のうちはリングを幕体につなぐゴムも強いのでちょっと苦労しました。 冬場とかでグローブしたままの設営などちょっとイライラするかも。この辺は気になるようなら好みで取っ手つけたり、改造してください、というところでしょうか。

<まあまあ安い>
この不景気にほぼ趣味にしか使えないものが4万円。これが安いかどうかはもう買う側の甲斐性しだいということになってしまいますが、テントの価格の相場を考えれば性能比で十分安いと思います(甲斐性なしなので財布には大打撃でした。コレで山行回数が減ったら何のために買ったのか、という話です・・・)。

<出入り口は一個、ベンチレータも一個>
3テンだと入り口が2個あるモデルなのもあるのですが、やはり「多少の不便さには目をつむっても軽いものを」という明確な意図があるのだと思われますが入り口はひとつです。したがって前室もひとつです。したがって前室に何でも置けるわけではなく、「3人で使うならザックはマット代わりに床に敷く。テント内に持ち込まないものはまとめてポリ袋にでも入れてフライの下に格納」といった如何にも登山らしいストイックな使い方が想定されているんだと思います。

まだ一回しか使ってないので、続きはまたおいおい書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

  • 2016.01.25 Monday
  • -
  • 14:10
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
好日山荘
さかいや スポーツ
コンパス
selected entries
categories
archives
recent comment
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM